伝統ある独自の革文化は、時代を経ても色褪せない!

europe
ヨーロッパには優れたレザーの生産者(タンナー)が数多く存在します。
それぞれの国ごとに特徴があり、こだわりもあります。
皮革に命をささげた彼らの思いに勉強させられることは数多くあるのです。

日本の皮革とは違う、ヨーロッパの原皮とは?

ヨーロッパ 革文化
ヨーロッパの牛は、広大な敷地の中でストレスなく、また丁寧に育てられているので、原皮としてもとても優秀です。

 

牛の部位によって「なめし」方を変えたりするなど、こだわりに溢れています。

 

牛の飼育にまで力を入れるなど、広大な敷地の中で自由に遊ばせ、上質な原皮を作り出すことが、日本の皮革とは大きく違う部分でもあります。

イタリア、イギリス、ドイツ、フランス の 革事情!

皮革事情

 

イタリアの皮革事情

革が文化として深く根付いている国。非常に上質な皮革を生み出す、バケッタ製法など1000年も続く伝統製法を守り続けています。
そのほか、世界でも唯一ベジタブルタンニン100%でなめした事を認定する機関・ベジタブルタンニン協会を持つなど、皮革への取り組みも積極的に行っています。タンナーとして有名なトスカーナ地方では、数千社のタンナーがひしめき合っており、誠意をもった革作りをしている国です。

 

イギリスの皮革事情

革の歴史は乗馬から始まっています。長い馬具の作りの歴史から、皮革素材は堅牢なものを作る技術に秀でるものがあります。
代表皮革「ブライドルレザー」は、ロウをじっくりと繊維に染み込ませた、非常に堅牢な皮革です。
世界的な靴メーカーも数多く存在する国で、その表情は武骨で味わい深いのが特徴です。

 

ドイツの皮革事情

クロムなめしと呼ばれる、なめしの際に薬品を使い、軽くて、柔らかく、伸縮性に富んだ特徴のある皮革を作り上げる製法の発祥の地です。
ボックスカーフで有名なタンナーも数多くみられます。
しかし、地球環境保護という考えがとても一般的になっている昨今では、廃棄の際に有害物質を発生するクロムなめしは、環境基準を満たせず、廃業に追い込まれてしまうタンナーも数多くいるのが現状です。

 

フランスの皮革事情

フランス皮革の特徴は、何と言っても発色の良さです。
フランス人の色彩感覚が多彩であり、発色の良さには定評があります。
染料後に顔料を塗るという独自のバランスが素晴らしく、エレガントなレザーを生み出すタンナーが数多くいます。

 

ココマイスター 茶色いリボンでラッピング!お洒落に演出♪

cocomeister ラッピング

ご注文時に希望すると、無料で茶色いリボンのラッピングをしてもらえますよ♪

 

ココマイスター

 

≫ ココマイスターの詳細はこちら