MENU

ココマイスター ナポレオンカーフシリーズ。ナポレオンカーフ の 特徴!ナポレオンカーフ とは?

ナポレオンカーフ

 

ナポレオンカーフとは・・・

 

日本での流通はなく、日本ではココマイスターが唯一商品化をしています。

 

イタリアのカーフを使用し、起毛させオイルを染み込ませ作られています。

 

触れてみると・・・

 

少々ザラッとした繊維質でワイルドな感じのする触り心地とは裏腹に、多少傷が付きやすいというナイーブな一面があります。

 

これはけして弱々しいことではなく、大切にケアをすることでワイルドさをより引き出すことができるのではないでしょうか。

 

ワイルドで力強いヒーローのような、真の男をイメージする革です。

 

この皮革は1800年代から続く欧州ブランドなどで、以前使われていました。

 

今使われているかどうかは確認していません。日本での流通はありません。もちろん職人さんも見たことが無いそうです。

 

この肌触りは他では実感できないほどしっとりとしており、最高級イタリア産オイルドヌバックの醍醐味を堪能できる皮革であります。

 

サンドペーパーで吟すり加工をすることで、起毛させ独特の質感を出しています。

 

やすりの様な物で革の表面を擦ることで、表面を毛羽立たせており、独特のしっとりとした質感を生み出します。

 

ブライドルレザーを凌ぐというエイジング革、ブランデーは半年で赤茶色へ、3年ほど使用するとほぼ黒色に近い茶色へと色の深みを増していきます。

革らしい革、ナポレオンカーフ の 特徴!体験したことのない質感

革らしい革

 

皮革の特性をそのまま生かし、オイルドヌバックの良さを最大限に引き立てている為、革本来の良い香りと、これぞ”革”という質感を楽しむことができます。オイルドヌバックの革小物などは非常に珍しいです。

体験したことのない質感

 

オイルドヌバック特有の質感、しっとりと手に吸い付くような質感は、多くの職人も体験したことない個性豊かな質感との表現でした。手触りは、しっとりとオイルを感じることができますが、手にオイルが付くようなことはありません。起毛した表面の肌触りはよく、触ると癖になります。爪傷などはつきやすいですが、傷部分を揉みほぐすと、オイルが移動し傷が目立たなくなる特性もあります。

経年変化の早さ

 

一般的にオイルが多く含まれている革製品は、経年変化を起こしやすい傾向にあります。このナポレオンカーフはココマイスターの中でも一番多くのオイルを含んでいる為、3か月、半年で他の皮革の5年、10年分の経年変化を起こします。経年変化は、皮革の傷みではなく、繊維がほぐれるクッタリ感と、オイルを酸化による色の変化により、革製品独特の味を生み出します。

ナポレオンカーフ 比較

ナポレオンカーフ の加工方法!ヌバックとは?

ヌバックとは牛革の銀面をごく軽くペーパーで摩擦して起毛させベルベット状に仕上げた革のことです。バックスキンに似ており「新しいバックスキン」を意味する名称。ビロードのような高級感がある。銀磨り(ぎんずり)とも言います。ちなみに、牛革の銀面(表面)を起毛させたものをヌバック牛革やヤギなど革の裏面を起毛したもので毛足の細く短いものをスエード同じく裏面を起毛したもので毛足の長いものはベロア表裏に関係なく起毛したものはバックスキンという分け方になっています。

ナポレオンカーフのお手入れ!

バック製品は起毛しているため、汚れが革の表面にまで届きません。そのため、普段のお手入れはヌバックをブラシなどで軽くこすって落とすだけで効果があります。ただ、水にはそこまで強くなく水にぬれるとシミになりやすいです。そのため、防水スプレーなどのご使用をお勧めします。(防水スプレーがシミになることもあるので、目立たないところでパッチテストを行ってください)

 

ココマイスター 茶色いリボンでラッピング!お洒落に演出♪

cocomeister ラッピング

ご注文時に希望すると、無料で茶色いリボンのラッピングをしてもらえますよ♪

 

ココマイスター

 

≫ ココマイスターの詳細はこちら

ナポレオンカーフシリーズ関連ページ

天然皮革の基礎知識
天然皮革にも仕上げによって、さまざまな表情になります。今回、そんな中でも、2種類の仕上げ(色付け)方法により異なる特性をご説明します。
ヌメ革 の 基礎知識
ヌメ革の特徴!丈夫だが傷がつきやすい。使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてくる。動物そのものの革だから革ごとに個性がある。水に特別弱いので水濡れに注意!
コードバンシリーズ
コードバン とは?別名「キングオブレザー」、「革のダイヤモンド」とも呼ばれ、独特の光沢感と重厚な質感はその名にふさわしいものです。
マットーネ とは?
マットーネ は、革本来の表情でありながら光沢感があり、革製品としての扱いやすく、皮革の経年変化を堪能できます。
パティーナ とは?
パティーナ は、丈夫だけど傷がつきやすい。でも使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてきて、動物そのものの革だから革ごとに個性があります。
ブライドル シリーズ
ブライドル レザー は、白い粉が浮き出る不思議な皮革で高級感漂う堅牢性があり、天然皮革を堪能できる素材です。
マルティーニ とは?
マルティーニ は、イタリアの伝統製法により作られた、使い込むほどに味の出る最高級のオイルドレザー。触るとしっとりと手に馴染み、経年変化を堪能できる、革本来の風合いがあります。
ヨーロッパの皮革の凄さ
ヨーロッパの皮革事情!ヨーロッパには優れたレザーの生産者(タンナー)が数多く存在します。 それぞれの国ごとに特徴があり、こだわりもあります。 皮革に命をささげた彼らの思いに勉強させられることは数多くあるのです。
革のキーワード 辞典 ( 用語集 )
革製品でよく使う言葉(キーワード集)言葉は知っているけど意味が良く分からない時などにご活用くださいませ!
コバ仕上げへの想い!財布づくりの最終工程
コバ仕上げという言葉、皆さんは耳にしたことはあるでしょうか?これは、コバと呼ばれる革の断面に、専用の塗料を塗りながら磨いていく工程のことです。多くの時間と人の手をかけて作られたお財布づくりの最終工程のため、どこよりも責任重大な部分でもあります。
革へのこだわり 染め!
革へのこだわり 染め!革に色をつける方法は大きく分けて2つあります。革の醍醐味を楽しむ!染料仕上げ!染料仕上げの皮革に見る!革の個性 トラ 血筋 バラキズ。ココマイスターの革選び