MENU

マルティーニ の 特徴!マルティーニ とは?

マルティーニ

 

イタリアの伝統製法により作られた、使い込むほどに味の出る最高級のオイルドレザー

 

イタリアの老舗タンナーであるバダラッシ・カルロ社の伝統製法から生まれた伝統皮革「ミネルバボックス」。

 

植物タンニン100%で鞣された牛革にオイルをゆっくりと時間をかけ、たっぷり染み込ませていく独自の製法である" バケッタ製法" と呼ばれる伝統的な製法によりつくられています。

 

適度なシボ感と、手に馴染む質感は心地よく、革好きの中でも評価が高い皮革です。

 

使い込む程に深みを増し、高級感のある表情へと変化していくのが最大の特徴であり、自分だけの風合いへ変化させるのも天然皮革ならではの楽しみ方です。

皮革特集!ミネルバボックス と マットーネ の違いとは?

ココマイスターのロングセラーシリーズである「マットーネ」と「ミネルバボックス」との違いは、どちらもバダラッシ・カルロ社のバケッタ製法により作られる皮革であり、最終仕上げのところで違いが現れます。

 

マットーネはより光沢が強く、購入時の状態から艶やかな表情を楽しむことができます。

 

対照的にミネルバボックスは、最初はマットな印象を受けます。使い込むごとに光沢を生み、艶やかな表情になるところは同じですが、マットなミネルバボックスだからこそ、内装にも使用して違和感を感じません。

 

ミネルバボックスは光沢を増しますが色味も深まるため、全面に使用し経年変化させたときの美しさは計り知れません。

 

COCOMEISTER 初登場!ミネルバボックスとは?

1000年も続くイタリアの老舗タンナー、バダラッシ・カルロ社の伝統製法から生まれました。

 

バケッタ製法と呼ばれる、植物タンニン100%でなめされた牛革にオイルをゆっくりと時間をかけ、たっぷり染み込ませる独自の製法でつくられています。

 

触れてみると、少々ザラザラと適度なシボ感を味わうことができしっとりと手に馴染む質感は、すぐに愛着がわいてくる逸品です。

 

最初はマットで落ち着いた印象を受けますが、使い込むと光沢が増し、色味も深まります。

 

マルティーニシリーズでしか味わうことのできない、全面ミネルバボックスの経年変化の美しさを存分にお楽しみください。

 

マルティーニシリーズでは、カラーバリエーション豊富に揃えました!女性、男性共に馴染みやすく、色違いをペアで揃えても素敵ですね。

触るとしっとりと手に馴染む、マルティーニ の特徴!

触るとしっとりと手に馴染む

 

本来の革というものが失われつつある昨今に、イタリアのバダラッシ・カルロ社は伝統的な製法を守り続けています。バケッタ製法と呼ばれる製法により、オイルがふんだんに革に含まれ、しっとりと手に馴染む心地よい質感を堪能できます。触っているだけで心地よく、いつまでも手の中に入れておきたくなります。

経年変化を堪能できる

 

マルティーニの皮革であるミネルバボックスは、マットーネよりも少しマットな風合いが魅力的です。素朴で主張がないように感じますが、経年変化をさせることにより脇役から主役へと変化するほど、美しい経年変化が起きます。植物タンニン100%でなめし、染料仕上げという手の込んだ製法により得られる経年変化は別格です。

革本来の風合い

 

クッタリとした風合い、素朴ながらも品があり味を感じる表情、適度なシボ感により得られる革製品としての見た目の美しさと優しい手触り。どれを取っても革本来の風合いを存分に楽しめる皮革です。派手すぎない表情は、内装としても優秀で、いつ見ても飽きのこない、いつ触っても飽きない皮革であるといえます。

経年変化を堪能できる、マルティーニ のお手入れ方法!

マルティーニはたっぷりとオイルを含んでいるため、最初は防水スプレーのみでも構いません。
数年使用していくと皮革が乾燥してくることがあります。

 

その際はコロニル・シュプリームクリームなどの皮革栄養剤を塗ることにより、クッタリと艶のある表情が戻ります。初期状態から塗ることで、より早く光沢を出させ、色に深みを与えることも可能です。ムラなく全体にキレイに塗ることがポイントです。

 

ココマイスター 茶色いリボンでラッピング!お洒落に演出♪

cocomeister ラッピング

ご注文時に希望すると、無料で茶色いリボンのラッピングをしてもらえますよ♪

 

ココマイスター

 

≫ ココマイスターの詳細はこちら

マルティーニ とは?関連ページ

天然皮革の基礎知識
天然皮革にも仕上げによって、さまざまな表情になります。今回、そんな中でも、2種類の仕上げ(色付け)方法により異なる特性をご説明します。
ヌメ革 の 基礎知識
ヌメ革の特徴!丈夫だが傷がつきやすい。使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてくる。動物そのものの革だから革ごとに個性がある。水に特別弱いので水濡れに注意!
コードバンシリーズ
コードバン とは?別名「キングオブレザー」、「革のダイヤモンド」とも呼ばれ、独特の光沢感と重厚な質感はその名にふさわしいものです。
マットーネ とは?
マットーネ は、革本来の表情でありながら光沢感があり、革製品としての扱いやすく、皮革の経年変化を堪能できます。
パティーナ とは?
パティーナ は、丈夫だけど傷がつきやすい。でも使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてきて、動物そのものの革だから革ごとに個性があります。
ブライドル シリーズ
ブライドル レザー は、白い粉が浮き出る不思議な皮革で高級感漂う堅牢性があり、天然皮革を堪能できる素材です。
ナポレオンカーフシリーズ
ココマイスター ナポレオンカーフシリーズ は、体験したことのない質感があり、革らしい革ですね!
ヨーロッパの皮革の凄さ
ヨーロッパの皮革事情!ヨーロッパには優れたレザーの生産者(タンナー)が数多く存在します。 それぞれの国ごとに特徴があり、こだわりもあります。 皮革に命をささげた彼らの思いに勉強させられることは数多くあるのです。
革のキーワード 辞典 ( 用語集 )
革製品でよく使う言葉(キーワード集)言葉は知っているけど意味が良く分からない時などにご活用くださいませ!
コバ仕上げへの想い!財布づくりの最終工程
コバ仕上げという言葉、皆さんは耳にしたことはあるでしょうか?これは、コバと呼ばれる革の断面に、専用の塗料を塗りながら磨いていく工程のことです。多くの時間と人の手をかけて作られたお財布づくりの最終工程のため、どこよりも責任重大な部分でもあります。
革へのこだわり 染め!
革へのこだわり 染め!革に色をつける方法は大きく分けて2つあります。革の醍醐味を楽しむ!染料仕上げ!染料仕上げの皮革に見る!革の個性 トラ 血筋 バラキズ。ココマイスターの革選び